もどる

会長あいさつ

豊田高専 教育後援会 会長
野田昭弘

教育後援会会員の皆様には、日頃より後援会の活動にご理解とご協力をいただき、誠に有り難うございます。

本年度の会長を務めさせていただくことになりました野田と申します。今までにこの様な大役はもちろん、人の前に出る様な経験は無く、大変な緊張と重責を感じております。しかしながら、教育後援会の会員・役員の皆様方のご指導ご鞭撻を仰ぎながら、一生懸命に職務を全うさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

教育後援会の主な活動内容は、学生の皆さんへの福利厚生、教育活動及び課外活動の助成、生活環境の設備充実などが挙げられます。これらの活動費は保護者の皆様からお預かりする貴重な会費であります。一銭たりとも無駄にすることなく、有意義に使わせていただきたいと思います。

さて、中学を卒業されたばかりのお子様方が経験する高専生活の5年間は、大人になってしまった私達親が経験する5年間とは比較できない程、不安や刺激・希望に満ちた5年間です。いろいろな事が起こり、いろいろな経験を積み重ねる5年間です。その高専生活5年間、専攻科へ進学すれば7年間、或いはもっと…、を充実した学生生活とする為に、必要なところには十分に支援していきたいと考えております。

一例を挙げますと、課外活動への助成で、一般的な各部活動の地区・全国大会への参加補助と、高専ならではの各種アイデアコンテスト(ロボカップ・ロボコン・プロコン・デザコン等)への参加補助があります。せっかく豊田高専に入学したのですから、是非このアイデアコンテストにもチャレンジしてみてください。本教育後援会は皆さんのチャレンジを全力でサポートします。

また、本年度は、一部、寮の改装工事の為、工事期間中の収容人数に制約が掛かってしまい、入寮を希望される学生さん、主に高学年の学生さんに、希望に応えられない事案も起こってくると思われます。教育後援会としても学校側とよく話し合って、出来る限りの支援をしていきたいと思います。

最後になりますが、御父母の皆様の一層のご支援、ご協力をお願いするとともに、皆様方の積極的なご参加と、率直なご意見をお聞かせいただけますようお願いいたします。